本文へ移動

ブログ

秋の一泊旅行in宮城

2022-10-25
イルカショーの前にはアシカや鷹も登場!
アウトレットには観覧車(大)やメリーゴーランド(小)もありました
圧巻の全員集合!
海の向こうに思いを馳せます
乾杯!
瑞々しさに驚き!
戦国時代流映えスポット♡
瑞鳳殿のありがた~い煙
ホテルでランチ!
サービスエリアグルメも堪能
木の葉も色づき、目に鮮やかなこの頃。行楽の秋ですね。
ここ数年まーちでは、秋の旅行は日帰りという形をとってきました。では、前回の一泊旅行がいつのことだったか、思い出せますか?

それは4年前の横浜・鎌倉方面。ゆめ・はなの2事業所合同で出かけた、まーち史上最も大規模な旅行となりました。(屋形船での大宴会、覚えている人も多いのでは?)

4年の間にまーちでは新たににじのまーちが建ち、利用者・スタッフともに新たな顔ぶれが加わりました。それはつまり、一泊旅行に参加するのが初めてのメンバーも大勢増えたということ。
新型コロナウイルスが流行してからというもの、自粛してきた一泊旅行…。今年こそは3事業所みんなで!という強い思いを胸に、今回は対策を練りに練りました!
密を避ける為移動には大型バス3台をチャーターし、行先は検討に検討を重ねた末に仙台方面に決定!外活動多めの行程を選定しました。直前までコロナ感染者数の推移を見極めつつ、体調管理も万全に整え、満を持して、前回を上回るまーち史上最大規模の一泊旅行は無事決行となりました!



一日目!
最初の行程は仙台うみの杜水族館海の動物たちのショーを観覧しました!器用で愛嬌のあるアシカや客席上空を滑空する迫力満点の鷹、そしてラストは客席まで水しぶきが飛んでくる圧巻のイルカショーです!初めてのイルカショーだった方もいたのでは?
間近でペンギンと出会えたり、写真映えするスポットも満載!ちなみにここ、うみの杜水族館は今年公開の映画の舞台にもなっているそうなんですが、みなさんご存知でしたか?

お昼ご飯は三井アウトレットパーク仙台港のフードコートへ。和洋中韓、お米から麺まで、魚から肉までよりどりみどりの10店舗をぐるっと見て回り、悩みながらも食べたいものを注文しました。
デザートに仙台名物・ずんだもちのアイスを食べたり、アウトレットで秋物の服を買った方も居たみたい!

お次は松島海岸へ!
日本三景の一つ、松島。夕方に差し掛かる海岸はどこを切り取っても画になります。
松尾芭蕉は松島へのあこがれが強すぎるあまり興奮で夜も眠れず、いざ松島に到着しても一句も詠むことが出来なかったのだとか。アイドルの握手会に挑むファンみたいなエピソードでなんだかかわいいですね。
芭蕉も参詣した瑞巌寺を経て、次はいよいよ今回の旅行の宿泊場所です!

車をほんの少し走らせ到着したのは、松島を見下ろす高台に建つ旅館大観荘。
入口正面のロビーからは海岸が一望できます!吹き抜けから見下ろせるレストランからはピアノの生演奏が流れ聴こえてきて、着いて早々優雅な気分。
夕食は1泊旅行の夜のお楽しみ、大宴会です!
一足お先に温泉を楽しんできた浴衣姿の方もちらほらいる中、広い会場に全員が集まって豪華な料理に舌鼓。
コロナ対策を考えてカラオケなどで声を出して盛り上がることが出来ないということで、用意してきた目玉企画、ここぞという時のビンゴ大会!景品はなんと!スタッフとのツーショット撮影権です!(笑) これが意外にも(?)みなさんに好評で、笑いあり涙ありの大盛況となりました。惜しくも今回ビンゴにならなかった皆さんは次回開催に乞うご期待!(?)



二日目!!
二日目は大観荘の豪華な朝食ビュッフェからスタート。和洋中はもちろん、新鮮な野菜ジュースや種類豊富なパンの数々、目の前でリクエストして自分好みにカスタマイズされたオムレツを作ってくれるサービスまで。朝からジェラートまで食べられて、贅沢気分~!

この日の行程一つ目は果物狩り!JRフルーツパーク仙台あらはまにて梨狩りを行いました!
2021年の3月にオープンしたばかりのこちらの施設、一年を通して摘み取り体験が楽しめるのだそう。栽培される果物や野菜は8品目、156品種 到着してすぐ目の前に連なるビニールハウスの群れを見れば、その数にも納得です
摘み取った梨はお土産として持ち帰りましたが、皆さん召し上がりましたか?
ここでは利用者の皆さんには事前に「お休み」とお伝えしていたスタッフがサプライズ登場!テレビみたいな展開でワクワクしましたね!

お次は瑞鳳殿です。先ほどまで仙台の街中を走っていたはずの私たちのバスですが、付近に到着すると雰囲気が一変。瑞鳳殿をはじめとする数々の殿や廟が建てられたここは「経ヶ峯公園」、ふもとから伸びる参道の両側には古いもので樹齢370年にもなるという杉の巨木が来るものを見下ろしています。戦後を迎えるまでこの地は限られた者だけが立ち入ることを許された神聖な地だったそう。それだけの説得力を感じる厳かな雰囲気です。
筋肉痛になりそうな長い参道を登ると目的地があります。戦国時代屈指の人気武将、伊達政宗のお墓である瑞鳳殿は桃山様式で豪華絢爛。建物の極彩色が木々の中に映えて、「伊達者」の生きざまを感じられる場所でした。

二日目の昼食はホテル ベルエア仙台のレストランでランチ!
牛タンシチューの掛かったハンバーグやパスタの衣のエビフライなど、みんな大好きなメニューがグレードアップした姿で登場しました!
ここで仙台にサヨナラして、一行は帰路につきました。

と思いきや帰り道にもお楽しみ!国見のサービスエリアでお土産を物色したり、アイスやコーヒータイムを楽しむ方もいて、最初から最後までワクワクがぎっしりの二日間!
国の旅行支援事業から受けた補助を利用し、大観荘さんに仙台名物詰め合わせセットを準備していただき、お土産も沢山持ちきれないほど抱えて大満足の旅を終えることが出来ました!



泊りの行事では、普段日中一緒に過ごしていろいろ知っているはずの仲間の意外な姿に出会うことができる楽しさもあります。「○○さんは朝はコーヒーを2杯飲むんだ!」「横になったらすぐ寝ちゃうんだ!」「いびきをかくんだ!」など、新たな発見をした人も多かったのでは?
これからも色んな行事を通して、話したことのない人と話したり、よく知っている人にもっと詳しくなったりしながら、沢山の思い出を作っていきましょうね!
NPO法人みんなのまーち
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋字新家45
TEL.024-973-5150
FAX.024-943-7726
障害福祉サービス業
0
1
6
3
8
3
TOPへ戻る