本文へ移動

ブログ

初夏の親子旅行inいわき!

2022-06-25
NEW
宝探し気分でトマト狩り
採ったど~!
名物・巨大トマトの前で
特等席で頂きます!
海を眺めながら食後の一服…。
画になるふたり!
圧巻の大水槽!
コロナウイルスの影響を受けここ2年、開催を見送っていた・縮小を余儀なくされた行事は数知れず。毎年恒例だった親子旅行もそのうちの一つです。
しかし、海外からやってきた新型のウイルスの脅威をテレビ越しに見ていたあの頃にはきっと誰もが想像していなかったスピードで、社会の情勢は着実にwithコロナへと向かっています。現状を打破するなら、今!ということで、今年は感染状況を考慮しながら時期を見計らい、感染症対策を徹底して久しぶりの親子旅行を開催することにしました!
今回の旅先はいわき!
まーちでいわきに行くのも久しぶりです。夏を感じられる海の潮風に海の幸、ショッピングに観光に…いわきって、いいですよね…
開催は事業所ごとに3日間に分け、大型バスをお借りして いざ、いわき!



午前中は四倉にあるトマトのテーマパーク、ワンダーファームを訪れました!イチゴや葡萄といった「くだもの狩り」はよく耳にしますが、ここはなんと!「トマト狩り」ができる施設なんです!
ここで頂く採れたてのトマトは「トマトが苦手」と話していた利用者さんもぱくっ!と食べられちゃうくらいのおいしさ。品種もいろいろあって目移りしちゃいます。よく目にする丸くて赤い物のほか、細長い形の「フラガール」、熟しても黄色の「イエローアイコ」、世にも珍しい紫色の「トスカーナバイオレット」。
係の方のお話では、専用の袋に最大1キロ詰めることが出来るんだとか。袋を目いっぱい広げて詰め込むかたわら、自分の手で摘み取ったトマトをその場でぱくりと味見。まさしく贅沢体験!

お昼は小名浜、いわき・ら・ら・ミュウへ。小名浜の海を見晴らせる席で海鮮丼を頂きました。いわきに来たらやっぱりこれですよね!海鮮丼の隣にはいわき名産・メヒカリのからあげも。癖がなくて食べやすい
獲れたて揚げたて海の幸に舌鼓を打った後はら・ら・ミュウを散策しました。
新鮮な魚や貝の浜焼き、郡山では食べられなくなった凍み天…ら・ら・ミュウ一階では、あちこちから魅力的な香りが漂います。そして、これまでの親子旅行で好評だったのはなんといっても市場散策!今回もイカやエビといった海産物をお土産にされた方もいましたよ!

午後はアクアマリンふくしまを見学しました。
アクアマリンの見どころは生き物の生態に寄り添った展示です。北の海から熱帯アジアの水辺まで、地球上のいろいろな場所を模した展示やそこに棲むいきものたち。よくCMでも目にするアクアマリンのシンボル、三角形のトンネルになった巨大な水槽は福島県沖合に現れる「潮目」(黒潮と親潮が出会う地点)を表現しています。派手なショーこそありませんが、何度行っても新鮮な驚きに出会えて楽しいですね。



いわきの王道から話題の施設まで、見て聞いて触って嗅いで味わって、五感で堪能する一日になりました。
利用者さんからは早くも次の旅行先の希望が上がってきています。来年の親子旅行はどこに行けるかな?楽しみに待っていてくださいね。
NPO法人みんなのまーち
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋字新家45
TEL.024-973-5150
FAX.024-943-7726
障害福祉サービス業
0
1
3
2
1
4
TOPへ戻る