本文へ移動

ブログ

新型コロナウイルスへの対策について

2020-04-20
ついに全国に出された緊急事態宣言。郡山駅前からは人が消え、多くの業種の店舗では業務縮小や営業時間の短縮といった感染対策が取られています。家族単位で出歩く事への自粛を呼びかける声もあり、週末の街中はここ数週間だけ見てもがらりと様子を変えました。
まーちではマスク不足へ対抗するため自家製の布マスクをつけてくる方も増えました。飛沫の拡散防止には役立ちますし、スタイリッシュなブラック、ファッショナブルなデニム素材、色とりどりの柄マスクなど個性も様々で、心なしか表情も華やいで見えます。近頃では使い捨てマスクも徐々に手に入りやすくなってきてはいますが、以前のように「買おうと思った時にほしいものが買える」当たり前の日常が戻ってくるのはもう少し先のことになりそうです。
 
 
さて、これまでまーちが行ってきた新型コロナウイルスの対策としては、
・通所前(自宅)の検温
・通所後の検温
・公共交通機関や人の多い場所(駅前等)を避けるため、バス通所の方の送迎対応
・マスク着用の徹底、手洗いうがいやアルコール消毒の励行
・作業室の換気
・密集状態を避ける
・コロナウイルス対策についての情報共有
が挙げられます。
 
また、緊急事態宣言を受け、4月24日より
・在園時間の短縮
・通所の選択(各家庭による判断)
・1日おきに半数が通所し、作業室や食堂の過密状態を避ける
・3事業所間の行き来を最小限に留める
以上の対策をとることとしました。
急遽の対応となりましたが、利用者の皆さん並びにご家族の皆さんにはご理解とご協力をいただきありがとうございます。
緊急事態宣言が明けるまでの間はイレギュラーな毎日が続くかと思われます。日中をまーちで過ごされる方にも、自宅で過ごされる方にも、出来る限りストレスを抱え込まないでこの期間を過ごすことが出来るようにサポートを行っていきたいと考えておりますので、何かありましたらご相談ください。
 
 
また、新型コロナウイルスの流行を受けて、まーちで企画していた5月のまーちほりでー、初夏の親子旅行、加えて今年度予定されていた県体育大会、ふれあいピックは中止となりました。
新年度始まって早々の事態で残念な限りですが、今は心身の健康と安全を第一に行動する時です。またみんなが安心してのびのびと楽しむことが出来るその時まで、今は各自が出来る最善を尽くしていきましょう。
NPO法人みんなのまーち
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋字新家45
TEL.024-973-5150
FAX.024-943-7726
障害福祉サービス業
0
0
4
4
9
2
TOPへ戻る